10万円渡すと使い道は?子供中学生高校生大学生を調査!寄付先も調査!

トレンド

コロナ給付金の10万円をどう使うかがTwitterなどで話題になっていますね!

 

子供のいないご家庭は生活費として消えるみたいですが

子供がいる家庭はどうなのでしょうか?

 

そもそも子供に10万円を渡すのでしょうか?

 

これまでになかったことなので色々と意見が分かれそうですね!

所得レベルが高い方たちはどう使うのでしょうか?笑

 

いろいろと調べてまとめてみましたのでぜひ最後までご覧ください!

 

給付された10万円は子供に渡す?

そもそも給付金は子供に渡すのでしょうか?

 

そんな余裕はない!!という家庭も多そうですが

Twitterでの意見を見てみましょう!

 

 

色々な意見がありますが

Twitterでわざわざ自分の家庭の使い方を発信する方は所得にある程度余裕うのある方が多そうです笑

 

家庭の給付金の使い方が網羅的に調査されていたので、それを引用します!

 

平均額が多いのはやはり貯蓄・ローンで、5万円以上をつぎ込むのは33.1%にも上るみたいです。

 

ランキング↓↓

貯蓄・ローン

食費

娯楽

欲しかった高額商品の購入

公共料金の支払い

 

公共料金は支払いを待ってくれる制度があるみたいなので

家計が逼迫しているご家庭は申請するのがいいですね!

 

給付金の使い道は?

中学生

中学生本人には10万円というお金そのまま渡すことはほぼなさそうですね!

でも、一部は渡されるご家庭もあるみたい!

 

今の中学生はいつもは何にお小遣いを使うのでしょうか?

一般的に調べられたランキングを引用します!

 

  1. 友人との外食・軽食代
  2. おやつなどの飲食代
  3. 友人へのプレゼント
  4. 文房具
  5. 家族へのプレゼント
  6. 休日に遊びに行くときの交通費
  7. ゲーム代
  8. 小説や雑誌
  9. まんが
  10. 映画やライブのチケット

 

高校生

高校生は何に給付金を使うのでしょうか?

使うとしたら…ということで調べてみましたがなかなかはっきりした意見はありませんでした。

 

なので、中学生同様コロナ前の高校生のお金の使い方ランキングを引用します!

 

  1. 友人との外食・軽食代
  2. おやつなどの飲食代
  3. 休日遊びに行くときの交通費
  4. 友人へのプレゼント
  5. 昼食
  6. 家族へのプレゼント
  7. 映画やライブのチケット
  8. 文房具
  9. 小説や雑誌
  10. まんが

中学生時代とほぼ変わらないですね!

私もそうでした!

 

貯めたお金で遊びに行ったりオタ活したなぁ笑

大学生

私も大学生ですけど、大学生Twitter民はどのように使うのでしょうか?

 

ただ、給付されるお金はひとまず親の元に入るので各家庭で家族会議が行われそうです笑

 

ちなみに、普段大学生のバイト代の使い道はこんな感じ

1位 趣味・交際費・・・28%
2位 欲しいものを買う・・・23%
3位 貯金・・・18%
4位 生活費(家賃・食費)・・・14%
5位 学費・・・11%
6位 携帯・スマホ料金・・・6%

ただ、私も含めてバイトに行けない大学生が増えているので

必然的に生活費に消える人が多そうです。

自分の友人たちに聞いてみると大半が『普通に生活費』でした。

 

『旅行!』とかいうバカが周りにいなくて良かったです笑

 

 

寄付先は?

寄付といってもなんだかよくわからないですよね

身近な感じはしないし

大阪府の知事さんが各地の最前線の医療従事者さんのためのファンドを作られているのですが

なんとなく敷居が高い気がします…

 

そんな時は地元で消費したり、自分が今後も頑張って欲しい個人事業主に渡すという形で直接自分が社会のために使ってしまうのがいいかもしれませんね。

 

私は大学生で、親が全額そのまま使うと一方的に言われてしまいましたが、まぁそれでいいかなと思っています笑

自分の成長のためにということでせしめようかな笑

 

まぁ様々な境遇の方々がいますが

生活がそこまで苦しくない方はこの動画を見てみるのもいいかもしれませんね

たまたま見たのですが、間違ったことは言ってなかったです笑

まとめ!

10万円の給付金についていろいろとまとめてきました。

 

  • 貯蓄・ローンに回す家庭が多い
  • 子供に10万円をあげる家庭はほぼなさそう
  • 学生はだいたい家計に計上する人が多い
  • 寄付もいいが自分で消費するのがこの10万円の目的

最後まで読んで頂いてありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました